2023y トヨタGRカローラRZ 500台抽選 限定車 登録済未使用車

Post Image
年式2023年
走行距離65km
外装色プレシャスブラックパール
内装
車検2026年7月
車輌価格SOLD OUT

Main equipment

・1,618cc 直列3気筒DOHCターボ 304ps/6500rpm 370Nm/3000-5550rpm

・トランスミッション 6速MT

・駆動方式 フルタイム4WD

・車両重量 1470kg

オプション、その他装備

・プレシャスブラックパール¥55,000

・ステアリング&シートヒーター¥27,500

・カラーヘッドアップディスプレイ+BSM+SEA+RCTA+クリアランスソナー+バックソナー¥117,700

・GRフロアマット¥27,500

・ETC2.0ユニット

・置くだけ充電¥13,200

・寒冷地仕様¥22,550

・GRボディカバー

・カーボンファイバールーフ

・BBS鍛造18インチAW

・コネクテッドナビDA/バックカメラ

・プレミアムスポーツシート(ハーフレザー)

・LEDヘッドライト

・LEDリアフォグライト

Suggest purchasing this model

トヨタGRカローラRZが入庫しました。ファントゥドライブ、小さなクルマ、大きな未来、ボディーもパワートレインも専用仕立てです。でも走らせてみると、どこか懐かしい感じがします。何かが突出しているわけではなく、すべての要素が高いバランスで造られています。この味わいはまぎれもなくカローラです。ただし、その速さはとんでもなく速いです。とんでもございません。ありがとう存じます。

2022年末に500台の台数限定でオーダー受け付けされたGRカローラRZ(現在は完売)。

ボディーのベースは「カローラ スポーツ」ながら、エクステリアパーツはほとんどが専用開発です。リアバンパー下部の大げさなディフューザーと3本出しマフラーは、初見の者には奇異な印象を与えますが、センターのそれは、304PSにまでチューンされた1.6リッター3気筒ターボの性能を引き出すべく、回転数に応じて開閉するバルブを備えた機能部品です。見かけのインパクトを狙っただけではありません。

同様に、フロントバンパーやボンネット、大きく左右に張り出したフロントフェンダー後部などに設けられたエアアウトレットやインレットには、機能性を誇示するかのように実際に穴が開けられています。

穴があったら入りたいです。

屋根にはカーボンが奢られており、まるでそれはランボルギーニのビッグ・フォージド・コンポジットの様な模様です。迫力満点です。

ここで『迫力満点』を使った例文を挙げてみます。「A君が上司に食い下がる姿は『迫力満点』だった。」

この例文のように、「迫力満点」で、上司に迫る同僚の姿を見たことがあるかもしれません。

すごい迫力だな、と感じたり、見ている人がビリビリとその人の感情の発露を感じるような時、「迫力満点」な様子と言えるでしょう。

言うまでもなくGRカローラは、5ドアハッチの「カローラ スポーツ」にビタミン剤とプロテインをふんだんに与え、ノスタルジーのスパイスを効かせてマッチョに仕上げたスーパーカローラです。

最初に言っておきますが、筋トレは基本的に毎日行うのは厳禁。

筋肉は、破壊と修復を繰り返すことで、より強い筋肉へと変化していきます。この現象を超回復と言います。

つまり、筋肉量を増やすためには、修復の際に筋肉を休息させる時間が不可欠です。

もし、毎日同じ部位の筋トレを行えば、筋肉が修復する前の破壊された状態で負荷をかけ続けることになるので、筋トレの効果が下がってしまいます。

筋トレをやればやるほど筋肉が増えるわけではなく、体への負荷も高いので、毎日行うのは基本的に望ましくないです。

これから筋トレを始める初心者の場合、週2~3回の頻度にするのがおすすめです。

この時に大切なのが、月曜日・水曜日・金曜日といったように、日を一日空けること。

破壊された筋繊維が休息によって修復する時間を設けることで、筋トレの効果が上がります。

超回復に要する時間は2~3日と言われているので、月曜日は腹筋と背筋、水曜日は下半身と腕部分などと、日によって鍛える部位を変えるのがおすすめです。

いささか政治ショーの色彩が強いとはいえ内燃機関の禁止が取り沙汰される今日このごろ、そのトレンドに背を向けるかのように「高性能=たくさん熱が出る」を視覚化したデザインをまとった外観は、ことに昭和世代のクルマ好きには刺さるのではないでしょうか。

いやでも目につく車幅の拡張は、GRモデルの迫力をいや増しているのはコスメティックな変更にとどまらず、ハイスピードでのコーナリング性能を引き上げるべくトレッドが前後とも広げられていることで、フロントは60mm、リアは85mmワイドにされました。グッと大地に踏ん張る姿が、ちょっぴりユーモラスです。

GRバージョンへの変容ぶりは、まさに和製「ランチア・デルタ インテグラーレ」と言えるでしょう。

和製チャールズ・ブロンソンといえば「阿修羅・原」です。またの名はダンプガイです。

しかし21世紀の東洋のスポーツモデルはそんなまどろっこしい過程を経ずに、いきなり「最終形態」という姿で登場しました。弟分の「GRヤリス」には、WRC(世界ラリー選手権)に出場するためのホモロゲーションモデルという箔(はく)がついていましたが、GRカローラにおいては、カローラに眠っていたモータースポーツの遺伝子を目覚めさせ、スーパー耐久シリーズで鍛え上げたというのが、トヨタの主張です。

GRカローラには、電子制御多板クラッチを用いたアクティブトルクスプリット4WDシステムを搭載しています。前後輪のトルク配分を30:70、60:40、50:50から選べます。選択により操縦感覚が変わることは、レーンチェンジ程度でも体感できるほどで、ワインディングロードを攻め気味に走るとなおのこと違いがよくわかります。 

後輪に適宜、駆動力を配分してくれるおかげで回頭性に優れ、操縦安定性も高い。駆動力の制御によりいろいろなことができることや、将来的な可能性もあるのは4WDの強みであることには違いありません。

今回も特別にオートローン金利1.9%でご案内可能です。

ちなみにトヨタのディーラーさんの金利は4.8~7.5%くらいです。

今がチャンスです。

ボディのサイドに「森田とうふ店」若しくは「森田手こき店」のステッカーを貼って自分で乗りたい一台です。

ご検討を頂けましたら幸いです。

Next
1991y ポルシェ 911カレラ2 タルガ 5MT MIZWA正規ディーラー車 記録簿23回保管 フロントガラス新品交換済 4輪アライメント&車高調整済
Prev
2022MY ポルシェ 911 GT3 6MT 正規ディーラー車両 スポーツクロノ フロントリフトシステム PDLSブラックLEDライト 走行600km