2017y ポルシェ911 Carrera PDK スポーツクロノ スポーツエグソースト RSスパイダー20AW OP¥2,338,000 正規ディーラー車

Post Image
年式 2017年(2016年6月早卸)
走行距離 2.5万km
外装色 ジェットブラックメタリック
内装 ブラック・レザー
車検 2023年6月
車輌価格 SOLD OUT
オプション詳細他

2,981cc 空冷水平対向6気筒ツインターボ 370ps/6500rpm 45.9kg/1700-5000rpm
トランスミッション 7速PDK

オプション装備
・PDK ¥651,000
・メタリックカラー(ジェットブラック)¥214,000
・スポーツクロノパッケージ¥301,000
・スポーツエグゾーストシステム¥474,000
・RSスパイダー20 インチ ¥584,000
・GTスポーツステアリング¥50,000
・シートヒーター¥86,000
・PDLSヘッドライト¥128,000
・パワーステアリングプラス¥48,000
・パークアシスト(リバーシングカメラ付)¥298,000
・カラークレストホイールセンターギャップ¥30,000
・電動格納ドアミラー¥55,000
・ポルシェ・クレスト・エンボス加工ヘッドレスト¥37,000
・フロアマット¥33,000
オプション合計¥2,338,000

アフターパーツ
・スポーツシャーシ用フロントリップスポイラー
・SuperCatレーダー探知機Z260Csd
・前後ドライブレコーダー

標準装備
・19インチ カレラ ホイール
・前後4ピストン・アルミニウム製モノブロックキャリパー(ブラック)
・前後 外径330mmベンチレーテッドブレーキディスク
・ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメントシステム(PASM)
・スポーツモード
・ポルシェ・コミュニケーション・マネジメントシステム(PCM)
・オートスタート/ストップ機能
・ポルシェ・スタビリティ・マネージメント(PSM)
・オートマチック・ブレーキ・ディファレンシャル(ABD)
・アンチ・スリップ・コントロール(ASR)
・電動式パワーステアリング
・電気式パーキングブレーキ
・エアバッグ&ポルシェ・サイド・インパクト・プロテクション・スステム(POSIP)
・クライメートコントロール
・ナビゲーション
・オーディオ
・i-Podインターフェイス
・コネクトプラス
・Apple CarPlay
・My Porsche
・Porsche Connect Store
・Concierge Service
・タイヤプレッシャーモニタリング
・フロントサイドエアインテーク(アクティブフラップ)
・自動リトラクタブルリアスポイラー
・アルミ/スチール・ハイブリッドボディ
・アルミ製ラゲッジコンパートメントリッド・フロントウイング・ルーフ・ドア・リアリッド
・LEDライティング
・8スピーカー
・バイキセノンヘッドライト
・5連メーターパネル/4.6インチTFT液晶ディスプレー
・フルサイズエアバッグ(運転席・助手席)
・ISO-FIXマウント
・イモビライザー
・オートエアコン(花粉フィルター)
・断熱グリーンガラス
・スポーツシート(電動調整リクライニング、ハイトコントロール、手動前後スライド)
・分割可倒リアシート
・シートヒーター
・カップホルダー
・Bピラーハンガーフック
・12Vソケット2個

整備履歴
・2016年6月 13km 新車納車前点検 正規ディーラーにて
・2017年6月 5,548km 法定12か月点検 正規ディーラーにて
エンジンオイル、オイルフィルター交換、サービスキャンペーンAH01、W630、W642、WG47実施、ホイールボルト締付
・2018年6月 14,085km 法定12か月点検 正規ディーラーにて
エンジンオイル、オイルフィルター、A/Cフィルター、Fワイパーブレード交換、バッテリー充電、ホイールボルト締付
・2019年6月 19,101km 法定24カ月車検整備
エンジンオイル、オイルフィルター、ドレンプラグ、ブレーキフルード交換、タイヤ空気圧調整、ホイールボルト締付
・2020年6月 21,199km 法定12か月点検 正規ディーラーにて
エンジンオイル、オイルフィルター、A/Cフィルター、Fワイパーブレード、スパークプラグ、ウォーターポンプ交換、タイヤ空気圧調整、ホイールボルト締付
・2020年9月 21,250km タイヤ PIRELLI P-ZERO(ポルシェ認証タイヤ)4本交換
・2021年6月 23,765km 法定24カ月車検整備 正規ディーラーにて
エンジンオイル、ブレーキフルード、キーバッテリー、発煙筒交換、タイヤ空気圧調整
・2022年6月 24,559km 法定12か月点検 正規ディーラーにて
エンジンオイル、オイルフィルター、A/Cフィルター、エアフィルター、ワイパーブレード交換、タイヤ空気圧調整

備考

2016年モデル、991型後期の911Carreraが入庫しました。2オーナー車の屋内保管の禁煙車です。エクステリアカラーはジェットブラックメタリック、インテリアはブラックレザーです。20インチRSスパイダーデザイン・アルミホイールを履いています。なぜかこのホイールを履くとお洒落度が格段に上がります。もちろんカラークレストセンターホイールキャップ付です。人気オプションのスポーツクロノパッケージ、スポーツエグゾーストシステムをはじめ、夜間の安全性が格段に良くなるPDLSヘッドライト、インテリアのスポーティーさがグッと増すGTスポーツステアリング、これからの季節には重宝するシートヒーター、標準装備の電動式パワーステアリングにオプションとなる車速検知式のパワーステアリングプラス、日常生活で絶対に欲しいオプション装備の電動格納ドアミラーやバックカメラとセットオプションの前後パークアシスト、お洒落アイテムのポルシェ・クレスト・エンボス加工ヘッドレスト、これらすべてがオプション装着されているお車です。また、正規ディーラーでは仕様変更となってしまう為装着できない純正のスポーツシャシー用フロントリップスポイラーを装着しています。前後ドライブレコーダーとレーダー探知機を装着しています。
新車時からの整備履歴もしっかり残されています。過去6回の整備履歴が記録簿に記載されており、2020年9月、21,250km時にはタイヤ4本交換(PIRELLI P-ZEROポルシェ認証タイヤ)、最終履歴としては2022年6月、24,559km時に、ポルシェセンターにて法定12か月点検、消耗品関係の交換が行われております。
前回点検後、殆ど距離が伸びておりませんが、再度点検整備をしっかりと行いました後、ご納車をさせて頂きます。

2017年モデルの911カレラ(991型の後期モデル)は、かつてないレベルのマイナーチェンジが行われました。リファインのメニューは、グラフィックスが変わったテールランプや、縦スリット入りグリルを用いた新しいエンジンリッド、新デザインのステアリングホイールなど、一般のマイナーチェンジにありがちな見た目の新鮮さをアピールするための内容もそうすが、そうした変更点よりもはるかに重要なのは、新エンジンの搭載や、新たに開発されたテレマティクスシステムPCMの採用、さらには、コンフォート性と走りのパフォーマンスをより高い次元で両立させるチューニングが施された新たなシャシーの開発といった、メカニズム面での変更です。
「これまでのポルシェ車に施されたマイナーチェンジの中でも、991後期型のリファインには、最大級のハードウエア変更が盛り込まれた」と言えます。
991後期型で、誰もが気にするであろう最大の注目点は、911カレラシリーズでは初となるターボチャージャーを装着した、3リッターの新エンジンにあることは間違いありません。
従来の991型に搭載されたパワーユニットは、カレラ用が3.4リッター、カレラS用が3.8リッターで、いずれも自然吸気エンジンです。フラット6という伝統のデザインはキープしつつも、共に3リッターのツインターボ付きとなったのですから、コトは重大です。
排気量を落としたうえでターボチャージャーによる過給を行い、高い出力を確保しながら燃費を向上させるという手法は、いわゆるダウンサイズエンジンの常套手段とされています。もっともポルシェでは、これをダウンサイジングとは呼ばずにライトサイジングと表現しています。
カレラ用とカレラS用のユニットを、従来のように異なる排気量とするか、それともひとつにまとめるかという点については、社内でもさまざまな議論が行われたといいます。その結果、「今回は燃焼室をひとつのデザインとした方が、将来の拡張性などの点でメリットがあると判断し、同一排気量に決定した」とは、担当エンジニアの弁です。
3リッターという数字も、「より大きなものから小さなものまで、さまざまな排気量で検討を重ねた結果、性能と効率の両面からベストと判断して決められたもの」だそうです。
そんな両グレードに積まれるエンジンは、一部補器類などを除いて、本体は基本的に同一の構造です。そのうえで、カレラ用(最高出力:370ps、最大トルク:45.9kgm)とカレラS用(420ps、51.0kgm)とでアウトプットが異なるのは、ターボチャージャーの容量やエキゾーストシステム、エンジンマネジメントシステムなどの違いによるものとなります。
燃焼室の中央直上にインジェクターを配置するなど、全面新設計が図られたシリンダーヘッドや、プラズマビームによるシリンダー面の鉄コーティング、吸気側バルブのリフト量&タイミングの可変制御や、排気側バルブのタイミング可変制御、さらには新たなポリマーを用いたオイルパンなどは、どちらのエンジンにも共通するテクノロジーです。
排気量が下げられたうえに、2基のターボユニットによって排ガスのエネルギーが回収されると聞くと、多くの人は、そのサウンドの質を危惧すると思います。実際、ダウンサイジング+ターボによって音の魅力が大きく損なわれたF1マシンや、乗用車ではマセラティ・クアトロポルテのような例もあります。期待したのにガッカリと。特にポルシェ911のように、「音もアイコンのひとつ」という歴史あるモデルにとって、いくらパワーと燃費が向上したといっても、「あの音」が少しでも損なわれるようなことになれば、長年のファンは決して納得するはずがありません。
そこで「エモーションこそが重要」と語るポルシェ開発陣は、そんな心配と期待に応えるべく、新しいエキゾーストシステムを開発しました。キャビン内に魅力的なサウンドを導く「サウンドシンポーザー」も採用しています。ただし、それは音の伝わる経路を効果的に変化させるもので、「スピーカーからのエンハンスなど、デジタル的なアイテムは用いていない」との事です。
そんな新しいパワーユニットの採用とともに、特に日本仕様では見逃すことのできない大きなニュースが、ポルシェ独自のテレマティクスシステム「PCMポルシェ・コミュニケーションマネージメント」の登場です。これまで長年採用が見送られてきたが、ついに今回導入の運びとなりました。
これまで日本仕様のすべてのポルシェが、市販型の2DINナビを「はめ込んだだけ」という状態に甘んじていたことを思えば、これは、画期的な一歩と言うに値するものです。そして当然、この新型911カレラシリーズへの導入を皮切りに、同様のシステムが、すべてのポルシェ車に採用されています。
プレミアムブランドのメーカーとしては、唯一「テレマティクス難民」の状態にあったポルシェ。そのハンディキャップがようやくPCMの採用によって解消されました。車両トータルとしての魅力が、今後大きく高まったことは間違いありません。
911伝統の5連メーターのひとつの液晶マルチファンクションメーターに、ナビゲーションの地図を映す事も出来ます。走行中の視線の移動が少なく、よそ見をせずに道案内を受ける事が出来ます。
991のターボエンジンの音色は、自然吸気エンジンを搭載した従来型と聞き分けることができないほどです。911ならではの「あのサウンド」は、取りあえずエンジン始動の瞬間は、紛れもなく健在です。
そして、そんな音に関する好意的な印象は、7500rpmという、ターボ付きユニットとしては異例に高いレッドラインに至るまで、一切変わることがありません。わずかにボリュームが小さくなった感はありますが、音色自体はまさに「911のサウンド」そのものです。
そして何よりも素晴らしいのが、その走りのポテンシャルです。3000rpmを下回るようなシーンでの、フレキシブルさと力強さが増していることが実感できます。回転の高まりに連れてよどみなく盛り上がるパワー感、そして、自在になるハンドリングの感覚が、そもそも素晴らしかった従来型にも増して磨かれていることは、はたから見ていても明らかです。
どこに目をやっても、決して単なるダウンサイジングにとどまらない、新たなテクノロジーを満載した991の後期モデルです。是非そのステアリングを実際に握って体感してください。
オートローン金利実質年率1.9%〜、頭金¥0〜、最長お支払回数96〜120回、残価据置型オートローン御対応可能。月々のお支払の試算、オートローン事前審査承っております。お気軽にお問合せ下さい。

Next
2022y メルセデスベンツAMG GLS63 4マチック+ Burmesterハイエンド 3Dサラウンド AMGカーボンパッケージ マキアートベージュ内装 走行75km 正規ディーラー車両
Prev
2021y メルセデスベンツG400d マヌファクトゥーアエディション特別限定車 プラチナホワイト内装 左ハンドル 走行95km