Loading

STOCK

1996y ポルシェ 911 カレラ2 Tip-S 後期バリオラムEG 板金塗装歴無 PC認定中古車出身2オーナー

年式 1996年
走行距離 5.4万km
外装色 ポーラシルバー
内装 ブラックパーシャルレザーインテリア
車検 令和3年5月
車輌価格 SOLD OUT
オプション詳細他

・3600cc 空冷水平対向6気筒SOHCバリオラム 285ps/6100rpm 340N・m/5250rpm

・4速ティプトロニックS

・ブラックパーシャルレザーインテリア

・リトロニック・ヘッドライト

・純正17インチアルミホイール

・リアワイパー

・CR-2純正オーディオ

・ETC車載器

・ポルシェセンター認定中古車出身2オーナー車両

・取扱説明書、新車保証書、整備手帳、定期点検記録簿、スペアキー、レザーケース保管

・車両履歴、整備履歴の非常に明瞭な車両です。

・事故修復歴は勿論、板金塗装歴も御座いません。

整備履歴

・1999年1月 10046km 臨時整備

リコール整備 ホーンリレー交換

・1999年5月 10901km 法定12ヶ月点検整備

ブレーキフルード、ワイパーリフュール3本交換、バッテリー液補充

・2001年5月 15368km 法定24ヶ月月車検整備

ブレーキフルード、ドライブベルト3本交換、バッテリー液補充

・2003年5月 18576km 法定24ヶ月車検整備

エンジンオイル、フィルター、ブレーキフルード交換

・2005年5月 21877km 法定24ヶ月車検整備

エンジンオイル、フィルター、ブレーキフルード交換

・2007年5月 24560km 法定24ヶ月車検整備

・エンジンオイル、フィルター、ブレーキフルード、エアフィルター交換

・2009年4月 25770km 法定24ヶ月車検整備

ETCユニット取付、フロントフードダンパー2本、エンジンオイル、フィルター、ブレーキフルード交換

・2011年5月 27290km 法定24ヶ月車検整備

エンジンオイル、フィルター、ブレーキフルード、クリップナット交換

・2012年9月 28310km 法定24ヶ月車検整備

エンジンオイル、フィルター、バッテリー、左右シートスイッチ、リアウォール、ワイパーブレード交換

・2013年4月 33918km 法定24ヶ月車検整備

エンジンオイル、ブレーキフルード、A/Cフィルター交換

・2015年5月 44104km 法定24ヶ月車検整備

エンジンオイル、ブレーキフルード交換

・2016年4月 46195km 臨時整備

タイヤ4本、エアーバルブ交換

・2017年5月 48499km 法定24ヶ月車検整備

エンジンオイル、フィルター、ブレーキフルード交換

備考

空冷エンジンの最終モデルと言われる911(993)が入庫致しました。1996年後期モデルのバリオラムのクーペⅡです。当時オプションだったリトロニックヘッドライト付で、ボディカラーはポーラシルバーという名前の、少し青みを帯びたシルバーです。クーペⅠとクーペⅡの違いは、クーペⅠは16インチアルミホイールで、スライディングサンルーフやリトロニックヘッドライトのオプション設定がありませんでした。クーペⅡは17インチアルミホイール、グリーンバンドフロントガラス、リアワイパー付で、リトロニックヘッドライト、スライディングサンルーフがオプション装着可能だったという違いです。

ちなみにティプトロニックとティプトロニックSの違いは、ステアリングにシフトチェンジボタンがあるか無いかです。1994年の993デビュー時はスイッチが無いただのティプトロニックでした。1995年にティプトロニックSとなりました。

今回入庫した993クーペⅡの特記すべき点は、整備記録簿が新車時から全て残されているほか、外装がオリジナルペイントであるという事です。新車登録から、もうすぐ23年となりますが、全てオリジナルペイントの993というのは、なかなか貴重な個体です。一昔前はそれほどオリジナルペイントという言葉さえ聞きませんでしたが、昨今の空冷911の価格高騰からよく耳にするフレーズです。少し落ち着いた感のある空冷バブルではありますが、それでも尚オリジナルペイント、ローマイレージ、記録簿有り、改造無しという全てを満たす個体は価値が再度上がる要素です。

内外装に目立つダメージは無く、オイル漏れも無く、オーディオもオリジナルのカセットデッキが装着されています。新車当時から装着されているリアフェンダーのストーンガードフィルムは、オリジナルのシルバーの物で綺麗な状態です。現在新しい物に交換しようとすると、透明なストーンガードフィルムとなってしまいます。屋内保管ならではのコンディションといえます。ウインドウ周りのラバー製ウエザーストリップも硬化しておらず、雨染みも無い状態です。

空冷911のなかで、最も完成されたモデルがType993です。1993年(1994モデル)に登場した第4世代で、通称993と呼ばれます。リアエンジンに後輪駆動というレイアウトが主体です。くわえて、スタイリングも従来の964のイメージを引き継いでいます。ただし、フェンダーとともにヘッドランプ形状もややフラットになり、寝かされて、1963年のデビューから続いたいわゆる911ルックに、ひと区切りつけるデザインとなったのが特徴です。デビュー当時は1986年に販売された959に似たルックスに興奮を覚えました。

先代(964)とはホイールベースもほぼ同一で、車体外寸は幅がやや広くなりましたが、全長も全高もほぼ同一です。

空冷6気筒は排気量は先代と同じ3600cc。出力はスタンダードのカレラで272ps(非バリオラムモデル)と、先代より22psアップしています。

空冷エンジン以外にも、ティプトロニックと呼ばれるマニュアルによる変速が容易なオートマチックトランスミッションをはじめ、ボディと一体成型されるダッシュボードやハイバック式のフロントシートなど、これまでの911を踏襲する部分が多のが特徴です。ちなみにティプトロニックというトランスミッションは故障が少ないのが特徴で、正規ディーラーのメカニックも、ティプトロニックの故障は殆ど聞いたことが無いと言う程です。

993は好燃費を求める時代の要請に応えて、ギアを6段化したり、フェンダー形状をよりフラットにして空力を改善したり、よりモダナイズされています。

最大の変更点は、リアサスペンションの形式がマルチリンク式になったことです。より高いパワーでライバルに対抗すべく、リアに荷重がかかる独特のメカニカルレイアウトの弱点をカバーし、リアタイヤへの適切な駆動力伝達と、コーナリング時を含め、姿勢の安定と操縦性の向上を目指したのです。

といっても、どれもポルシェが911の改良のために採用した考え方。変わったというより、進んだという表現が似合うかもしれません。993はコンパクトで軽量という911シリーズのよさを継承しながら、快適性が上がったのも特筆すべき点です。乗り心地はより洗練され、なによりエアコンの効きが劇的によくなりました。

993の大きな転機は1996年で、このときからエンジンにはより高出力と好燃費を実現するためにバリオラムと呼ばれる可変吸気システムが採用されました。アルミ製のインテークマニホールドです。特徴は内部に各機筒分の筒が伸びたり格納されたりする機構を持ち、マニホールド内で吸入空気の通路を長くしたり、短くしたりしてインテーク経路を回転数に応じベストな状況を造ります。ファンネルの長さをコントロールして全域でパワーを出しやすくしています。これにより、たとえばカレラで最高出力は13psアップして285psとなっています。

現在の911は衝突安全性を高めるため、車体が大きく重くなっていますが、993の時代は、それがスポーツカーとしての敏捷性に大きく影響を与えるほどではありませんでした。

アクセルペダルに載せた足にわずかに力を込めるだけで、よくできたスポーツシューズのように、瞬時に走り出します。

993には色々なバリエーションがあります。バリオラム無しの初期モデルは、1994yはマニュアル操作がシフトレバーだけで行うティプトロニックで、1995yからはシフトレバー+ステアリングスイッチでシフトチェンジが出来るティプトロニックSとなり、後期バリオラムモデル、クーペⅠ、クーペⅡ、それぞれに6MTがあります。そしてカブリオレ、4駆のカレラ4、ターボ、RS。1996yにはタルガ、カレラ4S、ターボS、が追加され、1997yにはカレラS、が追加されました。

今回ご案内させて頂くカレラは、一番『素』のモデルですが、空冷エンジンのRRとしては一番993のコンセプトに合っているモデルといえます。カレラSは現在の排気量アップのパワーアップエンジンを搭載するモデルとは違い、素のカレラと同じ285psであり、ワイド化されていて見た目は良いのですが、カレラ4Sとは違い、ターボ用の足回りは採用されず、ホイールスペーサーでワイドドレッドにして、カレラTipSの1390kgに対しカレラSは1420kg。重量も30kg増しています。

状態の良いカレラです。一度現車を見にご来店ください。

関連記事

  1. 14y アウディ R8 5.2 FSI Quattro V10 後期モデル IP…

    2018.03.20
  2. 1997y AMG G36 ショート 3ドア 最終モデル フルオリジナル 正規デ…

    2019.10.18
  3. 14y メルセデス・ベンツ CLA45 AMG 4MATIC ディーラー記録6枚…

    2018.12.28
  4. 1984y トヨタ ランドクルーザー FJ60 MoTeC制御カスタム 並行輸入…

    2019.04.27
  5. 12y BMW 640I Mスポーツパッケージ 3D Designマフラー

    2018.04.08
  6. 1971y フォルクスワーゲン タイプⅢ ヴァリアント

    2019.04.27

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

What’s New

スポンサーリンク

PAGE TOP