Loading

STOCK

’18y メルセデス・ベンツ G63 Edition 1 全国限定100台

Mercedes-Benz AMG  G63 Edition 1 全国限定100台

年式 2018年
走行距離 1000km
外装色 ダイヤモンドホワイト
内装 ブラックレザー(AMGエクスクルーシブナッパレザー)
車検 平成33年8月
車輌価格 SOLD OUT
オプション詳細他

・2018yMercedes-Benz AMG G63 Edition 1正規ディーラー車

・4000cc V型8気筒DOHCツインターボ585ps/6000rpm 850Nm/2,500-3,500rpm

・9速AT(AMG 9G スピードシフトプラス)

EDITION 1専用装備

・AMGナイトパッケージ

(前後バンパートリム、ドアミラー、スペアタイヤカバー、アンダーガードがオプシディアンブラック)

(専用ダークデザインヘッドライト、ウィンカー、リアコンビネーションランプ)

・マットブラック鍛造22インチAMGホイール(レッドアクセント)

・エディション1専用デカール

・レッドアクセント ドアミラー

・AMGエクスクルーシブ ナッパレザーシート

・ダイアモンドステッチ ツートンインテリア

・AMGパフォーマンス ステアリング

・AMGカーボンファイバー インテリアトリム

・レッドステッチ アクセント

・デジーノ レッドシートベルト

・エディション1フロアマット

・アクティブマルチコントロール シートバック

・シートベンチレーター

・シートヒータープラス

・電動ランバーサポート

・ドライビングダイナミックシート

・リラクゼーション機能

備考

今回入庫しましたGクラスは、フルモデルチェンジしたばかりの新型Gクラスです。

AMG G63です。しかも「G63エディション1」です。

かなり前からずっと噂されていたメルセデス・ベンツのSUVの原点である、Gクラスが登場40年目にして初のフルモデルチェンジしました。Gらしさを色濃く残したまま、現代版のGクラスに生まれ変わったという印象を受けます。開け閉めが重たいドアや、アウターヒンジ、サイドステップ、オーバーフェンダー、背面タイヤなどはそのままです。

エディション1のボディカラーは、ダイアモンドホワイト(限定100台)、マグノナイトブラック(限定100台)の2種類のみです。特別装備として、AMGナイトパッケージ(前後バンパートリム、ドアミラー、スペアタイヤカバー、アンダーガードが、オプシディアンブラック)(専用ダークデザインヘッドライト、ウィンカー、リアコンビネーションランプ)。マットブラック鍛造22インチAMGホイール(レッドアクセント)、エディション1専用デカール、レッドアクセントドアミラー。

インテリアは、AMGエクスクルーシブナッパレザーシート、ダイアモンドステッチツートンインテリア、AMGパフォーマンスステアリング、AMGカーボンファイバーインテリアトリム、レッドステッチアクセント、デジーノレッドシートベルト、エディション1フロアマット、アクティブマルチコントロールシートバック、シートベンチレーター、シートヒータープラス、電動ランバーサポート、ドライビングダイナミックシート、リラクゼーション機能など。これだけの装備がセットで付いた特別仕様車です。

今まで乗りずらかった部分がかなり改良されています。ボディサイズを見は、全長4873×全幅1931×全高1966mm、ホイールベース2890mmと、従来型と比べると全長+148mm、全幅+71mm、全高-4mm、ホイールベース+40mmと全高以外でボディサイズが拡大されています。

インテリアは12.3インチワイド液晶画面を2枚用いたメーター周りを含めた新デザインのインパネ周り、シート形状、マテリアルなど、キープコンセプトのエクステリアに対して全面ガラッと変わっています。それでも、インパネセンターにレイアウトされるフロント/センター/リアのデファレンシャルロック用の3つのボタンや、助手席に取り付けられたアシストグリップは従来型と変わりません。居住性も拡大されており、特に後席のレッグスペースは15cmアップと大きく改善されています。

サスペンションはフロントがリジットからダブルウィッシュボーンに変更されました。これはオンロード性能のために避けて通れなかった道のようですが、サスペンションアームのレイアウトを工夫し、ロアアームを高い位置にレイアウトすることでロードクリアランス不足を回避したようです。

一方、リアはリジット式を継承していますが、従来型の3リンクから5リンクに進化しています。ホイールの正確な位置決めを可能にすることで、オンロード性能向上にも大きく貢献しています。

更にステアリングギアボックスもメルセデスベンツ伝統のボールナット式からラック&ピニオン式に、パワステも油圧式から電動式へと変更。実はこの変更はオンロード性能のレベルアップのためだけでなく、最新の運転支援システムへの対応と言う意味合いもあるそうです。

AMGの名前が付く全てのモデルには、大きくて強力なエンジンが搭載されます。新型メルセデスAMG G63に搭載されるのは、「メルセデスAMG GT R」から「メルセデスAMG C 63」まで各モデルに採用されている4.0リッターV8ツインターボエンジンで、最高出力585ps/6,000rpmと最大トルク850Nm/2,500-3,500rpm。他のAMGモデルと同様、2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの内側に配置されていることでターボのスプールが速く、シリンダーを休止させる気筒休止機能によって燃費も改善されています。

そのパワーは9速オートマチック・トランスミッションを介して4輪すべてに送られます。4輪駆動システム「4MATIC」のトルク配分は前後40:60と後輪寄りで、先代の50:50に比べ、オンロードにおける敏捷性と加速時のトラクションを高めています。もちろんオフロード性能も軽視することはなく、4輪駆動のロー・レンジと3つのディファレンシャルロックは先代から受け継がれている。

新型G63は0-100km/hまでわずか4.5秒で加速し、5.5リッターV8ツインターボを積む先代より0.9秒も速くなった。最高速度はリミッターにより220km/hに制限されますが、ドライバーズ・パッケージ装着車では240km/hまで引き上げることが可能だ。四角い形をした物体にしては驚異的な数値と言える。

AMGがチューンしたモデルなので、当然ながらエンジンだけでなく、サスペンションやシャシーにも手が入れられています。先代のAMG G63は、見た目は魅力的だがハンドリングはそれまで通りのGクラスのままでした。新型では、フロントアクスルがソリッドではなく、初めて独立懸架となりました。リアは5リンク式で、4輪ともコイルスプリングを備えています。さらに他のAMGモデルと同じく、「Comfort」「Sport」「Sport+」という3つのモードから選べるアダプティブ・ダンパーが装備されており、「DYNAMIC SELECT」と呼ばれるドライビング・モードは、オンロードでは「Slippery」「Comfort」「Sport」「Sport+」そして自由に組み合わせられる「Individual」を加えた5種類、オフロード用としては「Sand「Trail」「Rock」の3種類から選択できます。 速度感応型電気機械式パワーアシストが付くステアリングはギア比可変式になり、AMGによればレスポンスが向上しているというが、先代から向上させるのは難しいことではない。サスペンションと同様、ステアリングにも「Comfort」と「Sport」というモードがあり、パワーアシストの設定を変更できます。

ボディサイズは全長:4873mm、全幅:1984mm、全高:1966mm

タイヤサイズは前後共に295/40R22燃料タンクは100ℓ、無鉛プレミアム(ハイオク)となります。

新車が既に完売となってしまったエディション1ですが、このお車はすぐにご納車させて頂ける1台です。平成30年8月に登録され、現在走行距離が1,000kmです。もちろん新車保証の継承が出来ます。

関連記事

  1. 16y メルセデスベンツ GLE350d 4MATIC Coupe Sports…

    2017.04.07
  2. 1980y フェラーリ 308GT4 正規ディーラー車

    2018.10.12
  3. 2007y ポルシェ911 GT3 クラブスポーツ アクラポヴィッチマフラー【サ…

    2017.04.25
  4. 15y ポルシェ マカン ターボ PDK エアサス スポーツクロノPG

    2018.09.07
  5. 2016yアバルト124スパイダー 6MT レザー/ナビゲーションパッケージ L…

    2017.05.15
  6. 17y アウディ S6 アバント 当年モデル ワンオーナー

    2017.10.30

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

What’s New

PAGE TOP
error: © MORITA MOTOR co.,ltd.