Loading

STOCK

17y アバルト 595 コンペティツォーネ 新車並行 ワンオーナー 左ハンドルMTA

年式 2017年
走行距離 1.6万km
外装色 グリジオピスタ
内装 レッドレザー
車検 2020年9月
車輌価格 SOLD OUT
オプション詳細他

・1368cc 直列4気筒DOHC16V ICターボ180ps/5500rpm 230N・m/2000rpm(Sportモード時250N・m/3000rpm)

・MTAシフト(ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション)

装備品

・スポーツレザーシート(レッド)

・オートエアコン

・バイキセノンヘッドライト

・レコードモンツァ ハイパフォーマンス・エキゾーストシステム

・自動防眩ルームミラー

・MTAシフト

・595ロゴ入りキャップアンテンナ

・純正ホワイトサイドデカール

・純正ホワイトミラーカバー

・ボルテージ・スタビライザー

・レースチップGTS

・プロレーシング OBD TUNING BOX

・TCUチューニングデバイス

・G-TECH製サス&アライメント調整済

・K&Nエアインテーク

・CAROZZERIAサイバーメモリーナビAVIC-CZ900

・ステアリングスイッチ連動機能付

・2DINナビ取付キット

・バックカメラ

・ナビ連動ドラレコキット

・ETC車載機

・キーコードカード、スペアキー保管

整備履歴

2017年11月 1036km 臨時整備 正規ディーラーにて

エンジンオイル、オイルフィルター、ドレンガスケット交換

2018年4月 4767km 臨時整備 正規ディーラーにて

エンジンオイル、オイルフィルター交換

2018年9月 9574km 法定12ヶ月点検 認証工場にて

エンジンオイル、オイルフィルター交換

2018年10月 10147km 臨時整備 正規ディーラーにて

ダウンサス取付、4輪アライメント調整、K&Nインテーク取付、TCUチューニングデバイスインストール

2019年4月 14850km 臨時整備 正規ディーラーにて

エンジンオイル、オイルフィルター、ドレンガスケット、トランスミッションオイル、フロントワイパーブレード交換、ナビ連動ドライブレコーダー取付

備考

2017年のマイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチアバルト595コンペティツィオーネが入庫致しました。『スポーツ性能を限界まで高めた』と言う、トリビュートフェラーリやエディツォーネマセラティと同じ、180馬力を発揮する1.4Lツインターボエンジンを搭載しています。

今回のこのABARTHは、左ハンドルのMTAと呼ばれる2ペダルです。詳しい方は「あれ?」とお気づきになると思いますが、正規輸入のABARTHでは設定の無い左ハンドルのMTAなのです。左ハンドルはMT、右ハンドルはMTAというディーラーの設定なのです。どうしても左ハンドルで2ペダルに乗りたい方は並行輸入車を選ぶしかないのです。また、ディーラー車のコンペティツォーネには標準でサベルト製のスポーツシートが装着されているのですが、このお車にはオプションのレザーシートが装着されています。エディツォーネマセラティも左ハンドルの2ペダルでレザーシートでした。サベルトのスポーツシートはサーキットやワインディングだけであれば良いのですが、日常的な街乗りでは少々硬いのです。ノーマルのスポーツシートの方が使い勝手が断然良いのです。

またこのお車にはCAROZZERIA製のサイバーナビが装着されております。7V型ワイドVGA地上デジタルTV/DVD-V/CD/Bluetooth/USB/SD/チューナー・DSP AV一体型メモリーナビゲーションです。バックカメラ、ETCも装着されています。ナビゲーション連動のドライブレコーダーも装着されています。吸気口率の良い『毒キノコ』と呼ばれるエアクリーナーに変更されていますが、ノーマルパーツは保管されています。

また、レースチップGTS、プロレーシングOBD TUNING BOX、ボルテージスタビライザー、K&Nインテーク、G-TECH製サス(4輪アライメント調整済)などのモディファイが行われています。ノーマルの595のサソリの毒から、相当強めの毒に代わっているお車です。

新車並行車両となりますが、新車時より毎年の定期点検記録簿が揃っております。直近では2019年4月14,850km時に東京都内のアバルト正規ディーラーにてエンジンオイル、オイルフィルター、ワイパーブレード、トランスミッションオイルの交換を行っております。また、ミシュラン製の17インチタイヤも新品に交換しております。

乗りっぱなしの正規ディーラー車両より格段に安心してお乗り頂けるかと存じます。

2017年フィアット500系のアバルトにマイナーチェンジが施されました。一番のトピックは、3桁の数字が595に統一されたことです。595とは、アバルト社が独立したレーシングカーコンストラクターだった時代、『ルパン三世』でおなじみの空冷2気筒OHVのフィアット500をチューンしたそのモデル名に由来します。今回の変更で、標準グレードの「アバルト500」も、「アバルト595」と名乗るようになりました。フィアット500シリーズとの差別化を明確にして、アバルトのプレゼンスを高めるための世界戦略です。

今回ご案内させて頂くのは、最も高性能なコンペティツィオーネ。この下の「ツーリズモ」と、素の「595」は今度のフェイスリフトでパワーを微増させていますが、コンペティツィオーネのエンジンは変わっていなません。とはいえ、1.4リッター4気筒ターボから180psを絞り出すハイチューンはツーリズモ(165ps)以下に差をつけています。

振り返ると、160psでスタートしたコンペティツィオーネが180psになったのは1年前の2016年です。180psといえば、2010年に世界限定1696台で登場し、日本では真っ先にイチロー選手が購入した、あの「695トリブート フェラーリ」と同じ出力です。間断なくブラッシュアップして、サソリ中毒から抜けがたくする。それが500系アバルトのやり方です。

車重1120kgに180ps。595コンペティツィオーネが速いのは当然です。500系アバルトの2ペダル変速機としてすでにおなじみの“アバルト・コンペティツィオーネ”を備えます。シフトレバーはなく、代わりに4つのプッシュボタンがダッシュパネルに付いています。積極的に走りたいときは、キックダウンもシフトアップもしないMTモードを使うに限ります。ATモードの自動変速は過不足ないが、かといってデュアルクラッチのようにスピーディーではありません。MTモードでシフトパドルを使って変速をすべて自分で行うと、シングルクラッチ自動MTとしては上出来のスポーツ性能を発揮してくれます。

ダッシュボードにあるSPORTボタンを押すと、計器パネルが赤くなり、露骨にスロットルペダルの反応が良くなります。フル加速時にはオーバーブーストが働き、変速マナーもスポーティーになります。そうやってパワートレインにファイティングポーズを取らせて、ワインディングロードを駆けるのが、このクルマのマジックアワーなのです。

まったくたわみ感のないサスペンションがもたらすコーナリングは、まさにカート感覚です。コーナーの頂点ではステアリングが巻き込まれるような挙動をみせたり、立ち上がりではトルクステアに見舞われたりしますが、そうしたヤンチャさと渡り合うのもコンペティツィオーネの魅力です。

2017年のフェイスリフトでは、シリーズ全モデルのフロントグリルに、“ABARTH”の浮き文字が入った。ただ、せっかく入った表札もナンバープレートでほとんど隠れてしまうのが残念ではありますが。

ボディー内外のあちこちに、サソリのエンブレムが配されています。外側だけでも、数えたら9匹居ます。リアライトの形状は、新たにAの字型に変わっております。

エンジンフードを開けると、左手前にギャレット製のターボチャージャーがあります。いまどきこれだけターボ本体がよく見えるクルマも珍しいです。

やけどしそうなほどアツいエンジンといい、スパルタンきわまる足まわりといい、数々の仕掛けやくすぐりといい、595コンペティツィオーネは、メーカー純正のチューニングカーです。

関連記事

  1. 2006y ポルシェ ケイマンS 3.4 TIP-S スポーツクロノPKG GT…

    2017.06.20
  2. ’10y ポルシェ パナメーラ4S 正規ディーラー車輌

    2018.07.22
  3. 16y ポルシェ 911 Targa 4 GTS PDK

    2017.06.01
  4. 2007y ポルシェ911 GT3 クラブスポーツ アクラポヴィッチマフラー【サ…

    2017.04.25
  5. 17y メルセデス・ベンツ G350d Professinal オフロードパッケ…

    2017.11.14
  6. 13y ポルシェ 911カレラS PDK スポーツクロノパッケージ スポーツエグ…

    2017.05.08

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

What’s New

スポンサーリンク

PAGE TOP