Loading

STOCK

16y メルセデス・ベンツ AMG GTS 130th Anniversary Edition MBケア付

Mercedes-Benz AMG GT S 130th アニバーサリーエディション ディーラー車

年式 2016年
走行距離 1.4万km
外装色 ダイヤモンドホワイトメタリック
内装 ブラック/ポーセレンナッパレザー
車検 令和元年6月
車輌価格 1199万円(税込)
オプション詳細他

・3992cc V型8気筒DOHCツインターボ510ps/6250rpm  650N・m/1750-4750rpm
・7速AT(9G トロニック)

限定車特別仕様
・130th Anniversary Edition専用エアロパーツ
 フリック (マットブラック)
 サイドスカート (マットブラック)
 固定式リアスポイラー (ハイグロスブラック)
・専用ナッパレザーシート
 フルレザー仕様 (ナッパレザー)
 AMGパフォーマンスシート (ブラック×ホワイト、シートヒーター付)
・Burmesterハイエンドサラウンドサウンドシステム
・ブラックピアノラッカーウッドインテリアトリム
・マットブラック19/20インチ AMGマルチ・スポーク鍛造アルミホイール

装備品詳細
・KWコイルオーバー・スプリングキット(車高調整機能付き、純正保管)
・フロントグリル・カーボン&マットブラックラッピング
・フロントバンパー下部・マットブラックラッピング
・リアバンパー下部マットブラック&カーボンラッピング
・DIXCEL M type 低ダストブレーキパッド
・屋内保管、禁煙車両
・ボディ・ガラスコーティング施工済
・MBケア付き(最長2年延長可能)

GT S専用装備
・AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション
・プライバシーガラス
・ナッパレザーシート
・AMGパフォーマンス・エグゾーストシステム
・電動チルト/テレスコピックステアリング
・リバースポジション機能付きドアミラー
・キーレスゴー
・エンジンチューン462PS→510PS・AMG DINAMIC SELECT

・トルクチューブ(カーボンファイバードライブシャフト)

・トランスアクスルレイアウト
・AMG強化ブレーキシステム
・AMGスピードシフトDCT
・AMGドライブユニットシステム
・AMGドライブコントロールスイッチ
・AMGライドコントロールスポーツサスペンション
・AMGメーターパネル
・AMGトラックペース
・電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフ
・AMGレッドブレーキキャリパー
・AMGエクステリアナイトパッケージ
・アルミニウムスペースフレーム
・エアパネル
・ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)
・BAS(ブレーキ・アシスト・システム)
・3ステージESP(エレクトリック・スタビリティ・プログラム)
・タイヤ空気圧警告システム
・レーダーセーフティーパッケージ
ブラインドスポットアシスト、アクティブディスタンスパイロットディストロニック、レーンキーピングアシスト、
・パーキングアシストフロントビューカメラ
・パーキングアシストリアビューカメラ
・パークトロニック
・PRE-SAFE
・アダプティブブレーキ(ホールド機能、ヒルスタートアシスト、ドライブレーキ)
・アダプティブハイビームアシスト
・アダプティブブレーキライト
・ベルトフォースリミッター付シートベルトテンショナー
・アテンションアシスト
・アクティブブレーキアシスト
・トラフィックサインアシスト
・タイヤ空気圧モニタリングシステム
・SRSエアバッグ(運転席・助手席)
・SRSニーバッグ(運転席・助手席)
・SRSウインドウバッグ
・SRSサイドバッグ
・メモリー付パワーシート(運転席・助手席)
・電動ランバーサポート(運転席・助手席)
・シートヒーター
・AMGスポーツシート
・AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー/DYNAMICA)
・AMGインテリアシルバークロームパッケージ
・AMGエンボス付センターコンソールアームレスト
・AMGパフォーマンスエグゾーストシステム
・電動チルト&テラスコピックステアリング
・イージーエントリーステアリング
・電動調整式・可倒式ヒーテッドドアミラー(LEDウインカー内蔵)
・リバースポジション機能付ドアミラー(助手席側)
・自動防眩ルームミラー&ドアミラー(運転席側)
・ブランドロゴプロジェクターライト
・セーフティーネット
・フットトランクオープナー
・キーレスゴー
・シートセンサー&チャイルドセーフティシートセンサー(助手席)
・デイタイムランニングライト
・クラッシュセンサー連動機能
(ハザードランプ自動点滅、エンジン自動カットオフ、ドアロック自動解除、室内照明自動点灯、サイドウインド自動オープン)
・タイヤフィット
・マルチファンクションステアリング
・AMGパラメーターステアリング
・AMG E-SELECTレバー
・ボタン式パーキングブレーキ
・クルーズコントロール&可変スピードリミッター
・レインセンサー
・オートライト
・ワンタッチパワーウインド(挟み込み防止機能付)
・照明ミラー付サンバイザー
・カップホルダー
・12V電源ソケット(トランクルーム)
・リモートランクリリース
・キーレススタート
・イモビライザー
・ECOスタートストップ機能
・LEDハイパフォーマンスヘッドライト
・LEDハイマウントストップランプ
・LEDポジショニングライト
・LEDウインカー
・LEDリアコンビネーションランプ
・LEDバックランプ
・LEDリアフォグランプ
・パドルシフト
・2ゾーンクライメートコントロール(前席左右独立調整)
・マイクロエアフィルター&チャコールフィルター
・COMANDシステム
8.4インチワイドディスプレイ、タッチパッド、COMANDコントローラー、音声認識、ステアリングスイッチ、HDDナビゲーション、VICS3メディア、ETC2.0対応車載器、
オーディオ/ビジュアル:AM/FMラジオ、テレビ(12セグ/ワンセグ自動切替)、DVDビデオ、CD、USBインターフェース×2、SDカードスロット、Bluetooth®オーディオ機能、
COMANDオンライン:インターネット、MB Apps(インターネットラジオ)、携帯電話ハンズフリー機能(Bluetooth®携帯電話対応)

備考

メルセデスベンツ AMG GT S 130thアニバーサリーエディションが入庫致しました。ダイヤモンドホワイトメタリックのエクステリアにブラック&ホワイトレザーの組み合わせです。
1886年、カール・ベンツの手によって生み出された、人類史上初のガソリンエンジン自動車パテント・モートルヴァーゲンが誕生してから130周年の記念すべき年を祝うべく、メルセデス・ベンツが期間限定の特別仕様車として発売しました。
メルセデスAMG GTは、2015年にデビューしたメルセデスAMGのスポーツカーです。それまで生産された「SLS AMG」に続く、メルセデスベンツによる完全自社開発モデルの第2弾です。SLSが「メルセデス・ベンツ」の1モデルとして発売されたのに対し、AMG GTは初めて「メルセデスAMG」ブランドを冠したクルマとなります。
その開発スローガンは、「Handcrafted by Racers.」。AMGがモータースポーツの舞台で培ってきた技術を惜しみなく投入して作ったモデルで、仮想敵はポルシェ「911」といわれます。
アルミスペースフレームを採用したボディに、新開発のAMG 4.0L・V8直噴ターボエンジンをフロントミッドマウント。組み合わされるトランスミッションは、7速の「AMGスピードシフトDCT」です。同一エンジンながら、最高出力462psの「AMG GT」に比べ、510psの「AMG GT S」はスーパースポーツの域です。更に130thアニバーサリーエディションはそのGT Sの特別仕様車となります。
130thアニバーサリーエディションのボディカラーは「ダイヤモンドホワイト」「ブリリアントブルー」「マグネタイトブラック」の3色が用意されました。エクステリアには、通常はオプションにも設定のない専用エアロパーツ(フリック、サイドスカート、固定式リアスポイラー)を特別装備。フロント19/リヤ20インチのホイールは、鍛造の「AMGマルチスポークアルミホイール」です。マットブラックペイントが施され、専用エアロパーツとともにレーシーな雰囲気を演出しています。
インテリアでは、それぞれにホワイト/ブラック、シルバーパール/ブラック、レッドペッパー/ブラックと、ツートンカラーのナッパーレザーが組み合わせたAMGパフォーマンスシートが装備されます。ほかにも専用装備として、8.4インチディスプレイを備えたインフォテイメントシステム、11スピーカーで合計1110Wという大出力のBurmesterハイエンドサラウンドサウンドシステムも備え、快適な室内空間の演出でもぬかりはありません。
また、車間距離を制御する「ディストロニックプラス」、危険を察知して万一に備える「PRE-SAFE」などがセットされたレーダーセーフティパッケージも装備しています。先進の安全支援装置も備えるなど、スパルタンではあるものの、日常生活から本格的なサーキット走行までこなすことができるのはAMG GTの最大の特徴です。
GT Sに乗って、まず驚かされたのはその乗り心地です。ボディーもサスもがっちりと引き締められたがゆえのフィードバックははっきりと硬質で、時に鋭い突き上げが体を揺することもあります。シティーユースでのフレキシビリティーも売りにする昨今のスーパースポーツに対すれば、GT Sは自らが走り最優先であることを明快に伝え、確信犯的な仕上がりを感じさせてくれます。
それを裏付けるかのように、中低速域での操作に対するダイレクト感は驚くほどです。特に操舵に対するゲインの立ち上がりは容赦なく、鼻先はわずかな操作量でもクイクイと向きを変えます。メルセデスの銘柄としてみればアクセルやブレーキの応答も敏感で、ルーズな運転にこそ気を遣います。慣れの問題もあるとはいえ、エンジニアリング側がSLSにも増してアグレッシブなセットアップをもくろんでいることは間違いありません。
雨で路面をぬらす状況での試乗は、緊張して臨むこととなります。ブレーキのタッチを確認した後にアクセルをグッと踏み込んでみると、バロバロッと荒げた排気音は一糸に束ねられ、クォーンと快音を響かせながら車体を次のコーナーへと一気に向かわせます。
トルク特性的に有利なロングストローク型でありながら、高回転域へとパワーの伸びがきれいにつながっていくエンジンのフィーリングは望外のものです。7000rpmのレッドゾーン直前まで力感を途切れさせることなくスキっと吹けきらせるのです。その爽快感にまつわる作り込みは、同じく直噴ターボへとスポーツユニットをスイッチさせているBMWやフェラーリよりも巧みかもしれません。しかも、ただ無味乾燥的にスキッと回るだけでなく、適度なビート感も残されています。初出にしてお見事な仕上がりといえます。
コーナリング性能はすさまじくシャープです。ノーズはスパスパと向きを変え、切り増しと共にグングンとインに食い込んでいきます。その所作にSLSとの共通点がないわけではありませんが、SLSではホイールベースや乗員と前輪の位置関係からくる位相遅れでノーズを振り回すような癖を飲み込む必要がありました。GTではその特性が完全に封じ込められ、単に機敏なだけではない一体感のあるコーナリングが楽しめます。アンダーステアの類いは一切うかがわせず、とにかくがっちりリアを踏ん張らせるメルセデス流のハンドリングとは一線を画し、リアのブレークもやや早い傾向にあります。しかし、素早い応答性を利して最小限のアクションでそれを抑えることができる辺りもこのクルマの狙いに沿うものです。ESPはドライブモードがスポーツの側に向かうにつれて滑りを積極的に許容する設定となりますが、スピンモードの直前にはしっかり車体を安定側へと振り向けてくれます。
ともあれ、本気も本気のスポーツカーです。ライバルはポルシェ911といわれていますが、ただのポルシェ911カレラではなく「GT3」をライバルとしているようです。
なぜメルセデスが、そしてAMGがここまで戦意をむき出しにしてくるのか。冒頭のラインナップ再編やサブブランド設定の動きをみればそれはなんとなく理解できます。基準車のポテンシャルからしてスポーティーネスが強化され、その上にAMGスポーツなるものが入ってくるならば、純然たるAMGはもはや圧倒的なパフォーマンスを持たなければ示しがつきません。ましてやそのアイコンたるGTは、FIA−GT3レギュレーションのマシンにかなうどころか、勝てるものでもなければならなりません。
ここまで吹っ切れたAMGの仕事をみるのは、ブラックシリーズ以来でしょうか。いや、なんとあらばかつての「6.0ハンマー」辺りを持ちだした方がいいかもしれません。その位の狂気が感じられます。見栄えがよくて快適で公道ベストのパフォーマンスを持つ、まぁ「SL63 AMG」の親戚みたいなもんだろうと思っていると確実に裏切られるでしょう。

関連記事

  1. 18y メルセデスベンツ S560ロング AMGライン・プラス&ショーファーpk…

    2019.03.12
  2. 18y メルセデス・ベンツ S450エクスクルーシブISG搭載モデル 正規ディー…

    2019.03.27
  3. 18y メルセデス・ベンツ AMG G63 Edition 1正規ディーラー車

    2019.01.19
  4. 17y メルセデス・ベンツ AMG GLS63 4MATIC AMGエクスクルー…

    2017.11.10
  5. 17y メルセデス・ベンツ G350d Professinal オフロードパッケ…

    2017.11.14
  6. 12y メルセデス・ベンツ G550L エディションセレクト 限定車 正規ディー…

    2018.12.28

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

What’s New

スポンサーリンク

PAGE TOP
error: © MORITA MOTOR co.,ltd.