Loading

STOCK

15y ポルシェ 911 カレラ4GTS PDK 屋内保管禁煙1オーナー 全PC記録5回保管

ポルシェ 911 カレラ4GTS PDK ディーラー車

年式 2015年
走行距離 0.5万km
外装色 ホワイト
内装 ブラックレザー/ブラックアルカンタラ
車検 2020年4月
車輌価格 SOLD OUT
オプション詳細他

・3800cc 空冷水平対向6気筒DOHC 430ps/7500rpm 440N・m/5750rpm

・7速PDK

整備履歴

・2015年 4月 12km 新車納車前点検 正規ディーラーにて

フロアマット取付、ナビコントロールRカメラ・ドライブレコーダー取付、Fバンパーグリル取付、リア3面フィルム貼付

・2016年4月 1,058km 新車1,000km点検 正規ディーラーにて

エンジンオイル、オイルフィルター、ワイパーブレード交換

・2017年 4月 2,362km 10,000km点検 正規ディーラーにて

エンジンオイル、バッテリーチャージ、ガラスコーティング施工

・2018年4月 4,054km 法定24カ月車検点検 正規ディーラーにて

エンジンオイル、オイルフィルター、ブレーキフルード、ワイパーブレード、バッテリー、ハイフレヤ交換

・2019年4月 4,718km 法定12カ月点検 正規ディーラーにて

エンジンオイル交換、バッテリーチャージ

オプション、装備品等

・18wayアダプティブ・スポーツシートプラス(シートメモリー&ヒーター付)

・シートヒーター

・リアビューカメラ

・フロアマット

・スポーツ・クロノ・パッケージ

・スポーツ・エグゾーストシステム(ブラックテール)

・スポーツデザイン・ステアリング(パドルシフト付)

・PASM(GTS専用設定 カレラS比10mmダウン)

・ダイナミック・エンジンマウント

・SuperCatレーダー探知機

・2019年4月 4,718km時ポルシェセンター正規ディーラーにて法定12ヶ月点検整備、推奨部品交換、ボディ・ガラスコーティングメンテナンス施工済

・整備済車両

・純正テクイップメント・カーボン製ドアミラーカバー

備考

2015年モデルのポルシェ911(991)カレラ4GTS PDKが入庫致しました。

GTSは2014年10月に追加された新しいグレードです。前オーナー様は都内にお住いで、完全屋内保管の禁煙車です。ボディコーティングも定期的に施工されておりました。

新車時から現在まで点検整備は全てポルシェ正規ディーラーにて行われており、5回分保管されております。2018年4月の初回車検もポルシェ正規ディーラーにて行われており、

消耗品の他にバッテリー交換済となります。

直近2019年4月にポルシェ正規ディーラーにて法定12ヶ月点検整備、エンジンオイル、フィルター交換、バッテリーチャージ済となり、点検整備済車両となります。

このままの状態で、安心してお乗り頂けるお車です。

内外装に傷は無く、大変コンディションの良いお車です。

先代タイプ997の後期型で初めて登場した911カレラGTSが、タイプ991と呼ばれる911にも設定されました。GTSという名前は、遠くはるか「904GTS」で最初に使われ、その後は「924」に「928」、

そして「カイエン」「パナメーラ」に付けられてきたその名は、今年になって「ケイマン」「ボクスター」にも採用が拡大されています。ポルシェにとってGTSという名前は特別な存在なのです。

特に911で言えば、今の「GT3」ではハードに過ぎるけれど、研ぎ澄まされたスポーツ性が、やっぱり欲しいという人が、そのターゲットとなります。

911カレラGTSの一番のアピールポイントはエンジンです。最高出力は430psです。カレラSの400psに対してGT3が475psと大きく開いたギャップの、ほぼ中間に位置する数値です。水平対向6気筒3.8リッターエンジンからさらに30psを引き出すのは、自然吸気だけにECUにちょっと手を加えるだけで……というわけにはいきません。変更されたのは主に吸気系です。

従来の1つのインテークマニホールドフラップに加えて、各シリンダーのインテークパイプごとに1つ、つまり計6つのレゾナンスフラップを追加したバリアブルレゾナンスインテークシステムは、エンジン回転数とスロットル開度に応じて開閉して、吸入経路をその時々で最適な長さに調整します。それに合わせて吸気側のカムリフトは0.7mmプラスの11.7mmに増大しており、バルブスプリングも強化型に変更されています。さらに、吸気ポート内壁にはポリッシュ加工が施されて、

吸気の流れをスムーズにしています。

こうしたいわゆるメカチューニングによって最高出力の発生回転数は7500prmと、カレラSよりも100rpm上に移行しているのです。わずか100rpmと言うなかれ。その結果として、プラス30psを得ることができたのです。

トルクは低回転域から余裕があり、どこから踏んでも力強いキックが得られます。実際にトルクカーブを見ても、2500~6500rpm辺りの広い範囲でカレラSより一枚上手のトルクが生み出されているのですが、それが単に力強いだけでなく自然吸気らしい素直なレスポンスで、艶っぽい息吹とともに生み出されるのが、何よりうれしくなります。回すほどにパワーは高まっていき、7000rpmを超える頃には突き抜けるような高音混じりのメカニカルサウンドが響き渡り、一気にトップエンドを迎えます。レブリミット9000rpmのGT3には及びませんが、そこまではサーキットでなければ使い切れません。

当然ですが、リミットまで引っ張りきる快感は、GTSの方がより味わえる場面が多いはずです。

増大したパワーに合わせてシャシーも強化されています。何より大きいのは、後輪駆動も含めた全モデルに、4WDモデルと同様のワイドトレッドが与えられたことです。そのほか、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントシステム)が標準装備となり、足元にはセンターロック式の鍛造アルミニウム製20インチホイールが装着される事となりました。

一方、シャシーについては特に後輪駆動では、ワイドトレッドの安定感が旋回性能に大きく寄与していると感じます。安定性が担保されているからこそシャープさを、より際立たせられるというわけです。端的に言ってしまえば、速いのは、というか扱い易いのは、やはり「カレラ4 GTS」です。狭いワインディングロードでカレラGTSについていくのは、まさに鼻唄まじりである。そこで攻守を入れ替えてみると、カレラGTSで同じペースを保つには、前輪のグリップを常にしっかり意識している必要があります。カレラ4 GTSでは駆動力で前に引っ張ってくれる分、

早めにアクセルを開けていけるけれど、カレラGTSではしっかり向きが変わり前輪のグリップに余裕が生まれるのを、ほんの一瞬待つという感じでしょうか。そこを見きわめて慎重に、しかしリアエンジンならではのトラクションを信じて大胆に踏んでいく必要があります。

インテリアはブラックアルカンタラ&レザーコンビシートです。シートセンター、ステアリング、シフトノブ、センターアームレスト、ドアグリップ、ドアアームレスト、ルーフライニング、Cピラーライニングがアルカンタラです。GTSの標準シートはスポーツシート・プラスといわれるヘッドレストにGTSのロゴが刺繍された4way電動のスポーツシートとなりますが、このGTSには18wayアダプティブスポーツシートが装着されております。2メモリー&シートヒーター付となります。

18WAYというきめ細やかなシート調整が可能となる事でカッチリ絶妙なドライビングポジションを提供してくれます。

四輪駆動も大きな羽根が付いている訳ではないのでそこまで目立つわけでもなく、つまり普段遣いに十分対応するという事です。それでいて走りは文句なしに刺激的です。

ラインナップを増やし過ぎの感じのある911シリーズですが、カレラ4GTSこそ911のベストバイでは、と言いたくなります。

当然ながら、コンマ1秒を競うサーキットの走りではGT3に及びません。個人的に普段使いを考えると、GT3専用の迫力のある大きな羽根、フトントスポイラー、GT3専用PDKの独特の振動、緊張感よりも、さり気なくカッコ良く、速くて、4駆ならではの安心感でNA最終型のエンジンを堪能した方がお得ではと思ってしまいます。

この機会に是非極上の991Carrera4GTS PDKをご検討ください。

関連記事

  1. 17y Mercedes-Benz G350dデジーノ マヌファクトゥーア エデ…

    2019.07.06
  2. 2004y BMW Z4 3.0I ロードスター 19AW 正規ディーラー車

    2017.07.24
  3. 15y ポルシェ マカン ターボ PDK エアサス スポーツクロノPG

    2018.09.07
  4. 17y ポルシェ911 targa 4S PDK スポーツクロノPG スポーツエ…

    2019.05.20
  5. 16y メルセデスベンツ SL400 MC後期モデル MBケア付

    2018.05.09
  6. 13y ポルシェ パナメーラGTS PDK 走行1,200km

    2019.03.20

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

What’s New

スポンサーリンク

PAGE TOP