Loading

STOCK

15y ポルシェ 911 カレラ PDK NA最終モデル ディーラー車

PORSCHE 911カレラ PDK NA最終モデル

年式 2015年
走行距離 1800km
外装色 キャララホワイトメタリック
内装 ガーネットレッドレザー
車検 2020年7月
車輌価格 1080万円(税込)
オプション詳細他

・2015y ポルシェ 911 カレラ PDK ディーラー車

・3436cc水平対向6気筒DOHC 350ps/7400rpm 390N・m/5600rpm

・7速PDK

オプション装備

・メタリックカラーペイント(キャララホワイトメタリック)¥214,000

・ブラック/ガーネットレッドレザーインテリア¥722,000

・シートヒーター¥86,000

・ステアリングホイールヒーター¥49,000

・20インチカレラSホイール¥260,000

・プラチナ塗装仕上げホイール¥151,000

・リアウインドワイパー¥63,000

・PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)¥303,000

・グレーバンドフロントウインドウ¥21,000

・ダイナミックコーナリングライト¥128,000

・ポルシェ・エントリー&ドライブシステム¥214,000

・パークアシスト¥290,000

・BOSEサラウンドサウンドシステム(デジタル)¥258,000

・電動格納ドアミラー¥55,000

・フロアマット¥33,000

・パワーステアリングプラス¥48,000

・3スポーク・マルチファンクション・ステアリングホイール¥96,000

・スポーツクロノパッケージ¥290,000

・ポルシェ・エンボス加工ヘッドレスト¥37,000

・自動防眩ミラー¥100,000

・ホワイトテールライト¥98,000

・プライバシーガラス¥100,000

・ボディーコーティング¥288,000

・レーダー探知機

・ドライブレコーダー

・TVキャンセラー

・i-podケーブル

・7速PDK(ポルシェ・ドッペル・クップルング)

・前後4ピストン・アルミニウム製モノブロックキャリパー(ブラック)

・前後 外径330mmベンチレーテッドブレーキディスク

・アイドリングストップ

・スポーツモード

・フロント電動クライニングシート

・運転席電動ハイトコントロールシート

・分割可倒リアシート

・ISO-FIXマウント付リアシート

・アルカンターラルーフライニング

・純正クラリオンSDナビTV&CD/DVD

・地デジチューナー(フルセグ)

・ミュージックサーバー

・Bluetoothオーディオ対応

・Bluetoothハンズフリー対応

・ETCユニット

・オートエアコン

・キセノンヘッドライト

・ヘッドライトウォッシャー

・LEDドライビングライト

・LEDテールランプ

・LEDリアフォグランプ

・自動リトラクタブルリアスポイラー

・ドリルドベンチレーテッドブレーキディスクローター

・スクエアデザインツインエグゾーストマフラーエンド

・カレラロゴ入エントリーガード

・電動式パーキングブレーキ

・チルト&テレスコピックステアリング

・リア3面プライバシーガラス

・2カップホルダー

・ラバースタッド付きステンレスフットペダル

・アルミニウム調インテリアトリム

・3スポークレザースポーツステアリング

・アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)

・ポルシェ・スタビリティ・マネージメント(PSM)

・フルサイズエアバッグ(運転席・助手席)

・サイドエアバッグ

・キーレス

・イモビライザー

・コートハンガーフック付ヘッドレスト

・Bピラーハンガーフック

・カップホルダー

・照明付きバニティーミラー内蔵サンバイザー

・センターコンソールアームレスト

・アームレスト内12Vパワーアウトレット付コンパートメントボックス

・助手席12Vパワーアウトレット

整備履歴
・平成27年7月  23km 納車前点検 ポルシェ正規ディーラーにて
・平成28年7月  526km 3000km点検 ポルシェ正規ディーラーにて
エンジンオイル、フィルター、Oリング、ドレンパッキン交換
・平成29年5月 1126km リコール整備 ポルシェ正規ディーラーにて
リコールWG58実施
・平成30年7月 1755km 24カ月車検整備 ポルシェ正規ディーラーにて
エンジンオイル、フィルター、ブレーキフルード、FRワイパーブレード、ポーレンフィルター、エアーフィルター、発煙筒、タイヤシーラント交換
・平成31年1月 1800km 臨時整備 ポルシェ正規ディーラーにて
バッテリー、キーバッテリー交換

備考

2015yモデルのポルシェ911(991型)カレラPDKが入庫致しました。外装色はスペシャルエクステリアカラーのキャララホワイトメタリック、インテリアはナチュラルレザーのガーネットレッドレザー、ダッシュボードとステアリングホイールはブラックレザーとなります。装備されている新車時のオプション価格は約400万円‼新車のアルファードが買えてしまう金額です‼

右ハンドルの1オーナー車です。新車時より屋内にて保管され、禁煙車です。

平成30年7月にポルシェ正規ディーラーにて継続車検を受けていますが、現在の走行距離がなんと1800kmです。

991型から導入された911シリーズ初の電動格納ドアミラーが装備されています。オプションの20インチカレラSアルミホイールは、プラチナ塗装仕上げのホイールとなります。他にエクステリアでは、ホワイトテールライトが装着されており、独特な雰囲気を醸し出しています。また991型では珍しくリアワイパーが装着されており、前オーナー様が歴代の911をご所有されて来た事が伺い知れます。

2013年モデルでデビューした991型911ですが、このお車は2015年モデルですので、公表されていないマイナートラブルも全てアップデートされている事と思います。

991のデビュー前、「今度の911は、そのサイズが一挙に大型化する」といったスクープ情報も聞かれたものの、いざ蓋を開けてみれば全幅は不変の1808mm。全長の増加も56mmに留まるので、大きさは従来の997型と殆ど変わらないと表現できるものでした。ルーフラインが数mm単位で下げられたのは、より伸びやかでモダーンな911というイメージを演じると同時に、前面投影面積を縮小して空気抵抗低減を図る目的も考えられます。空力といえば、すでに911というモデルのアイデンティティになりつつあるリアの格納式スポイラーの幅が、グンとワイド化された点も見逃せません。当然これは、その効果の増大を狙っています。そんな991型が「大きくなったように見える」としたら、それはカレラで46mm拡幅されたフロントトレッドと、より外側にレイアウトされた特徴的な円形のヘッドライトのためです。リアまわりはLEDテクノロジーを用いたテールランプがよりシャープな薄型形状へと変更されるとともに、そのランプ上方レベルでボディー・リアエンドをぐるりと取り巻く水平ラインが強調された点が新鮮です。「911として確固たるイメージができ上がっているフロントまわりに比べると、リアは手を加えられる余地が大きい」とは、デザイン責任者であるミヒャエル・マウアー氏のコメントです。確かに、ガーニッシュを採用したりしなかったり等と、これまでもリアビューはそれなりに大きな変化を遂げて来た歴史もあります。ボディーサイズの大幅変更は避けた991型ですが、ホイールベースだけは一挙に100mmもの拡大しています。マウアー氏によると、これはデザイン・サイドからの要求ではなく、レース部門からの声に代表をされた、エンジニアリング上の都合による結果と言っています。RRレイアウト・ベースの911の場合、高速直進性の確保は誕生以来の課題であったわけですが、今回は基本的な車両ディメンションの上からも、この件に関しての飛躍が求められたのかも知れません。そうしたホイールベースの延長に伴い、オーバーハングはフロントで32mm、リアで12mm短縮されました。それでいながら、サイドビューで決して間伸び感をイメージさせず、どこから見てもオーセンティックな911と受け取れるルックスをキープしたのは、カレラで19インチ、カレラSでは20インチが標準という大径シューズを履くことや、ウインドウ・グラフィックがよりスリークな形状へとリファインされたことなども、効を奏していると思われます。

ところで、従来はフロント・ドアガラス先端の三角パッチ部分に取り付けられていたドアミラーは、991型ではドアパネルからのステーに取り付けられる方法へと改められました。これに伴っての嬉しいニュースは、911シリーズとしてはその歴史上で初めて、電動格納機構が内蔵されたことです。スプリング力に逆らってミラーを倒し、その状態を保持するため内蔵された、つっかえ棒をかますという997型での可倒方法は、極めて扱い難いばかりか、場合によって作業中に指先を挟む危険性すらありました。こうして、遠目には同じように見えるエクステリアに比べると、「カレラGTのイメージを受け継いだ」とされるインテリアのデザインは、一見してその代わり映えが明確です。

最大の特徴は、マウハー氏が「ライジング・コンソール」と表現する、ダッシュボード中央部から手前へとなだらかな下降線を描くセンターコンソール部の形状です。これこそがまさに「カレラGTのイメージ」を象徴する部分であるのは明らかです。同時にパナメーラや新型カイエンのそれとも一脈通じるイメージを放ち、「最新ポルシェ車に共通の雰囲気」を形作っています。

5連丸型のメーターリングを収めたクラスターや、ドア側にレイアウトされたキーシリンダーは、911としては当然のこだわりです。ドアポケットは従来のアームレスト兼用のリッド部分が開閉するタイプから、オーソドックスな横開き式に変更されたました。

ポルシェ911というのは、そもそもライバルに比べてその軽量ぶりが際立つモデルです。例えば、997型で最もベーシックなカレラ・クーペのMT仕様では、DIN規格による車両重量は1415kg。「PDK」を謳う7速デュアルクラッチATを搭載するカレラS・クーペでも、それは1455kgに留まっていた。

ところが、991型ではそんな「軽量」というポルシェのキーテクノロジーのひとつを、さらに突き詰めています。今度はベーシックなカレラのMT仕様が、わずかに1380kgと、何と1.4tの壁を下回って登場したのです。

ホイールベースが大幅に拡大され、わずかながら全長も伸び、「パッセンジャー・モデルとしては世界初」を謳う7速のMTを採用するなど、常識的に考えれば重量は増えて当然なのが991型。しかし、それをここまでの重さに抑えるためには幾多の困難があったことでしょう。実際、安全性の強化や装備の充実、CO2低減策などのために新たに必要となった重量は60kgに近いものだったといわれています。それを、前述の水準へと至らせるためには、単純計算でおよそ100kgもの軽量化が行われたことを意味しています。

フロントフェンダーやフード、ドアやリアリッド・パネルにアルミニウム材を用いたほか、骨格そのものにも様々な種類のスチールやアルミ、その他マグネシウムなどの軽量部材を適材適所に用いた991型のボディーは、実はシェル単体で70kgもの軽量化を実現しています。加えて、インテリア・トリムの樹脂素材の厚さを最適化することなどにより、その他の部分の軽量化も29kgに及ぶのです。かくして、その車両重量はMT仕様ではカレラもカレラSも1.4tを下回り、最も重いカレラSのPDK仕様でも1415kgと、997型カレラのMT仕様と同一値をマークします。口先で「軽量化」を謳うブランドやモデルは少なくありませんが、ここまで仕上げればライバルたちも脱帽することでしょう。そんな新しいカレラに搭載されるエンジンは、従来と同様排気量のフラット6ユニット。カレラ用は3.6から3.4リッター・ユニットへと178ccのダウンを行いました。欧州車で動きが盛んな“ダウンサイジング”は、911というモデルにまで及んでいるということです。

ただし、だからといってパフォーマンスを低下させる事はポルシェは許しません。実際、カレラに搭載される3.4リッター・ユニットが発する257kW(350PS)と390Nmという最高出力と最大トルクは、従来の3.6リッター・ユニットに対してトルクは同等で、出力は5PSの上乗せと発表されています。そんな動力性能を受け止めるシャシーにも、入念なチューニングが施されていることは想像に難くありません。拡大されたトレッドを擁するフロント・アクスルに対して、リアは「完全新設計」を謳う。電子制御による可変減衰力ダンパー「PASM」が用意されるのはもちろん、さらに20mmのローダウンが図られる「PASMスポーツ・サスペンション」も設定しています。

軽量化はもちろんのこと、0.29というCd値をマークした優れた空力性能やアイドリング・ストップの新採用、コースティング状態でエンジンとトランスミッションを切り離すPDKへの「セーリング」機能の追加、操舵時以外はエネルギーを消費しないフル電動式パワーステアリングの採用等々と、最新のテクノロジーを総動員してこの目標へとトライをしているのが、今度の911の大きな特徴でもあるのです。かくして、そんなこのモデルがマークをしたCO2排出量は、ヨーロッパでの最新計測法NEDCによるデータでカレラのPDK仕様が194g/kmと、驚きの200g/km割りを達成しています。

991型の後期モデルは3.0Lのターボエンジンになっているので、NAエンジンの911としては最後のモデルになります。

関連記事

  1. 1995y ポルシェ 911カレラ ティプトロニックS ポルシェセンター記録簿1…

    2017.06.25
  2. 11y ポルシェ 911 カレラ PDK 最終型 カレラレッドインテリア

    2018.08.19
  3. 16y ポルシェ 911 GT3RS PDK PCCB リフティング LEDライ…

    2018.09.02
  4. 98y ポルシェ 911 カレラS ティプトロニックS ミツワ正規ディーラー車両…

    2017.10.19
  5. 13y ポルシェ カイエンGTS ティプトロニックS

    2017.10.30
  6. 16y ポルシェ ケイマンGT4 スポーツクロノ レザー&カーボン フル電動シー…

    2017.09.10

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

What’s New

スポンサーリンク

PAGE TOP
error: © MORITA MOTOR co.,ltd.