Loading

STOCK

13y マセラティ グラントゥーリズモ MCオートシフト EBM 正規ディーラー車

マセラティ グラントゥーリズモ MCオートシフト Panasonicタッチパネルナビ EBM

年式 2013年
走行距離 2.2万km
外装色 ネロカルボニオ
内装 ネロレザー・ネロアルカンタラ×ロッソ・コラーロステッチ
車検 平成32年8月
車輌価格 850万円(税込)
オプション詳細他

・2013y正規ディーラー車両

・左ハンドル

・内装色 ネロレザー・ネロアルカンタラ×ロッソ・コラーロステッチ

・4700cc 90°V型8気筒DOHC32バルブ 460ps/7000rpm 53.0kg/4750rpm

・6速トルクコンバーター式オートマチック

オプション装備

・メタリックペイント(ネロカルボニオ)

・20インチ・アストロ・デザインホイール(アンスラサイトグレー)

・カラーブレーキキャリパー(ロッソ)

・インテリア・カーボン・パッケージ

・アルカンターラ・インテリア(ネロ)

・コントラスト・ステッチ(ロッソコラーロ)

・アルミペダル

・アルカンターラ・ルーフライニング

・AUX-IN

・Panasonic製SDナビ地デジ(純正パネル流用・タッチパネル、マセラティ正規ディーラーにて取付施工)

・バックカメラ

・EBM(エグゾースト・バイパス・モジュール)

・YupiteruドライブレコーダーDRY-V2

・YupiteruGPS内蔵レーダー探知機

・ETC車載器

備考

・ハンドルポスト、スイッチ類ベタツキ修理、対策済です。

整備履歴

・2015年2月14日  8629km 法定12ヶ月点検整備 正規ディーラーにて実施

・2017年7月9日  17801km 法定12ヶ月点検整備 正規ディーラーにて実施

・2018年12月11日 21,284km 法定12ヶ月点検整備 正規ディーラーにて実施

備考

マセラティ・グランツーリズモが入庫致しました。

2013年モデルの正規ディーラー車です。2007年10月に初代グランツーリズモが販売され、2012年11月にモデルチェンジされた後期型となります。フロントバンパーはMCストラダーレに影響を受けデザインされたフレアしたエア・インテークを持ちます。

また、20インチアストロデザインホイール、テールランプ、エグゾーストパイプ、サイドスカートなどが新しいデザインとなっております。インテリアはサイドホールドの良いシートに再設計しただけでなく、

リア・シートのパッセンジャーのために20mmの余裕を生み出しています。エンジンは再設計のピストン、新可変バルブ・タイミング、新エンジンマッピングなど改良がされています。

エクステリアは一番人気のネロカルボニオ(ブラックメタリック)、インテリアはネロ(ブラック)レザー及びネロアルカンタラとなります。インナードアトリム、ダッシュボード、シフトノブにはメーカーオプションのカーボンファイバー製トリムが選択されています。

ステッチカラーもメーカーオプションのロッソ(コントラスト・ステッチ)となります。また、ルーフライニングもメーカーオプションのアルカンターラが選択されております。

排気系は純正マフラーとなりますが、EBM(エグゾースト・バイパス・モジュール)が装着されています。本来エンジンが高回転時にマフラーのバルブを自動的に開き、排気効率を上げる為の装置が装備されているのですが、

EBMによって強制的にバルブを開ける事が可能になり、スピードを出さなくても、その魅力的な排気音を楽しむ事が出来るものです。

最新のマセラティには無い、迫力あるサウンドを味わって頂けます。

エグゾースト・バルブの切り替えは灰皿の位置に装着されているスイッチで操作して頂きます。禁煙車となりますので、灰皿は外して保管されています。

EBMはマセラティ正規ディーラーでも販売、取付を行っております。車検は勿論、正規ディーラーへの入庫も問題御座いません。御安心下さい。

また、使い勝手非常に悪く、データの古い純正ナビからPanasonic製フルセグ地デジ内蔵のSDナビゲーションシステムに変更しております。

純正パネルを流用して加工、取付を行っておりますので、純正と変わらない見た目ながら、タッチパネルディスプレイとなりますので使い勝手も非常に良く、画質も非常に綺麗です。

マセラティ正規ディーラーにて取付を行っており、約90万円程の金額が掛かっております。

その他、年々装着率が上がっておりますドライブレコーダー(ユピテル製DRY-V2)、ユピテル製GPS内蔵レーダー探知機が装着されています。

足回りにはメーカー・オプションカラーの20インチ・アストロデザインホイール(アンスラサイトグレー)、フロントにブレンボ製6ポットブレーキキャリパー、

リアは4ポットブレーキキャリパー(メーカーオプションのレッドカラー)、前後ベンチレーテッド・スリット入ドリルドローターです。

ブレーキパッド、ディスクの残量は充分に御座います。4輪アライメント調整済です。

ミッションはZF社製の油圧式トルコン6速ATとなりますので、クラッチ残量を気にせずに、安心してお乗り頂けます。

ステアリングにはパドルシフトが装着されており、『Manual Sports』モードや『Auto Sport』モードにすると、シフトダウン時には自動的にブリッピングします。

室内に響き渡るブリッピング音が、運転する楽しさを倍増させてくれるかと思います。

2012年3月のジュネーブショーに出展された「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」の販売が、2012年11月に日本国内で始まりました。声高なV8エンジンと、彫刻のようなルックス、そして4人のためのインテリアを上手くまとめあげたグランツーリスモSは、特にアメリカ市場で成功を収めました。

従って最新版というべきグランツーリスモ・スポーツは、グランツーリスモSから劇的な変更というよりも、確実なブラッシュアップがされています。

「グラントゥーリズモS」をベースに、さらに磨きをかけたというこのモデル。フロントの4.7リッターV8エンジンはチューンナップが施され、史上最速のマセラティとうたわれた「グラントゥーリズモMCストラダーレ」をさらに10psと1.0kgm上回る、460ps/7000rpmと53.0kgm/4750rpmを発生します‼

0-100km/h加速=4.8秒、最高速度=298km/hといわれています。

デザイン上は、新形状のフロントバンパーやLEDのデイタイムランニングライトのほか、サポート性と快適性に優れるという新構造のスポーツシートや「トロフェオデザイン シフトパドル」と呼ばれるシフトパドルがポイントとなっています。ZF社製の油圧式トルクコンバーター式6速オートマチックトランスミッションは、5つの作動モード(Auto Normal、Auto Sport、Manual Normal、Manual NormalおよびIce)を備え、

状況に応じてドライバーが任意に作動モードを選択することが可能です。マニュアルモードにすると、レブリミッターが作動するまでの回転域で変速すること出来、Manual Sports モードやAuto Sport モードにすると、シフトダウン時には自動的にブリッピングします。

エクステリアは、スムーズな空力とフロントブレーキの冷却性能を向上するフロントデザインを採用。グリル中央のクローム仕上げのトライデント(マセラティのエンブレム)は、最強のマセラティだけが冠する赤のアクセントラインが施されています。また、スポーツシートは人間工学に基づいた設計が施されており、腰・背中と身体のサイドを支えるサポート機能を搭載しています。ステアリングホイールも人間工学に基づき、リムをよりフラットにしたほか、グリップ性が向上した断面形状になっています。乾いたエキゾーストノートは甘美で、毎度ほれぼれする。音量が大きいだけの下品な音ではなく、キレイな音。昨年、元ヤマハの研究者が立ち上げたサウンドデザインラボと、中央大学理工学部精密機械工学科の戸井武司研究室による合同チームがこのクルマの音を解析し、バイオリンの名器、ストラディバリウスと比較したところ、予想通り両者に倍音が豊かという共通点があることをつきとめたという。なるほど、で倍音て何? ともかく、他のクルマではこうはいかなかったらしいから、科学的にもいい音なのは間違いないようだ。

マセラティは1914年にマセラティ兄弟がイタリアのボローニャで創業しました。創業以来、いろいろな企業に経営権が渡りました。1960年代以前はオルシ家が経営し、美しすぎるクーペを生んだだけで十分のFR黄金期。1960年代後半から1970年代前半はシトロエンが経営し、流行のミドシップを取り入れ、得意のハイドロを盛り込んだ“調子良ければ最高”期。1970年代後半から1990年代はデ・トマソが手を差し伸べ、ツインターボでドーピングの第三期。

そしてフィアット傘下となり、フェラーリと関係を深める現在に分けられます。歴史のあるイタリアを代表するスポーツメーカーです。

関連記事

  1. 09y マセラティ グラントゥーリズモ 4.2 ワンオーナー 毎年ディーラー記録…

    2017.12.08
  2. 16y マセラティ ギブリS スポーツパッケージ20

    2017.04.25

貴方の求める究極の1台をお届けします

東京/港区にあります【モリタモーター】では、ワンオーナーのポルシェ・フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・ベントレー、メルセデス・ベンツ/AMG などのヨーロッパ車を中心とした、走行距離が少なく、装備の充実した、記録簿の有る車歴が確かで高品質なディーラー車を中心とした車輌を取りそろえております。

お客様との “絆-きずな” を大切にしに「次回もここで買いたい」と、思って頂けるよう、お客様から感謝され長いお付き合いして頂けるよう、あくまでもユーザーサイドに立ち、誠意をもった対応をスタッフ一同心がけて実践しておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さい。




 

What’s New

スポンサーリンク

PAGE TOP
error: © MORITA MOTOR co.,ltd.